スポンサーリンク

「22年目の告白-私が殺人犯です- 」~どんでん返し系の良作(ネタバレなし)

時効成立後に名乗り出た連続殺人犯。犯人として、事件について手記を出版した彼の真の目的は・・・。目が離せない展開に引き込まれつつ、予想を超えるどんでん返しを楽しめるサスペンス作品。(2017年)
おすすめ度★★★★

あらすじ

阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1995年、三つのルールに基づく5件の連続殺人事件が起こる。担当刑事の牧村航(伊藤英明)はもう少しで犯人を捕まえられそうだったものの、尊敬する上司を亡き者にされた上に犯人を取り逃してしまう。その後事件は解決することなく時効を迎えるが、ある日、曾根崎雅人(藤原竜也)と名乗る男が事件の内容をつづった手記「私が殺人犯です」を発表し……。

 シネマトゥデイより

序盤、胸糞悪い展開が続きます。22年前の連続殺人の時効成立という安全地帯に移ったとたんに名乗り出た、自分が犯人だという男・曾根崎雅人(藤原竜也)。そしてステージにプロジェクションマッピングまで用意したド派手な記者会見を開くにとどまらず、事件についての手記の出版まで強行します。このあたりは、実際にあった某事件の犯人が、事件の手記出版やブログで発信を始めた騒ぎを思い出してしまい、何とも言えない気分に。

曾根崎は話題の有名人となり、そのルックスも相まってファンとなる大勢の女性まで現れ、出版サイン会には大行列。当時、犯人に殺された被害者の家族は当然、怒りに震えます。こんな人間が時効に守られ、逮捕もされず裁かれることもなく、それどころかヒーローのように扱われる理不尽さ。

刑事の牧村航(伊藤英明)は事件当時、犯人を追い詰めながら捕らえられなかった痛恨の思いがあります。犯人の肩を撃つも逃げられ、しかも報復として牧村(伊藤英明)の妹が狙われて行方不明のままなのです。

阪神・淡路大震災からの22年という年月を短時間で表現し、過去の犯行描写を挿入しつつ、真犯人だと名乗る人物が現れたことで起きる現在の出来事が、テンポ良く展開されてゆきます。中だるみするところもなく、目が離せないままあっという間に2時間が過ぎる構成は見事です。

演技が下手とか大げさとか言われがちな藤原竜也ですが、追いつめられて絶叫、みたいなシーンが多い出演作のためにオーバーアクションのイメージがついたのでは。演技そのものは下手なわけではないと思います。伊藤英明の演技も予想以上に良かった。

どんでん返しはあるだろうと思ってはいましたが、想像を超えた展開で楽しめました。ツッコミどころがないかと言われれば、少なからずあります。ですがサスペンス好きとしては、どうなるんだろうと思いながら目が離せないシーンが続くのは、それだけですごく心地よいのですよ。驚きたくて観てるので、どんでん返しも意外なら意外なほど良し。その意味では驚きレベルとしては納得のどんでん返しでした。

しかし一つ目のどんでん返しのあと、事実がほぼ見えてしまいます。二つ目の意外な展開が次なるどんでん返しなのですが、それがリアリティーという面で納得できるかというと、やや難しいなーというのが惜しく感じた点ですね。

すべて観終わったあとに浮かぶ疑問(年齢設定とか)はありますが、ぐいぐい引き込まれる展開に身を委ねる気持ちよさを味わえる作品。そういう意味で、劇場鑑賞がおすすめです。派手なCGやSFXもないサスペンスドラマ系の作品は、DVD化されたもので観ても変わりないやーと思いがちですが、この「引き込まれ感」を完全に堪能するには、集中を邪魔するものがない劇場で観てほしいなあと思う作品でした。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする