スポンサーリンク

「バーガーキングの縦読み」にゾッとした件

2020年1月31日、マクドナルド秋葉原昭和通り店が撤退するにあたって、2軒隣でライバル店として営業していたバーガーキングが貼り出した、閉店するマクドナルドへ向けたエールと感謝のメッセージポスター。

なんていい話・・・と思ったところが、縦読みすると「私たちの勝チ」になっていたと、話題になりましたね。

Yahooニュース:縦読みで勝利宣言!バーガーキング、閉店する2軒隣のマクドナルドに異例のエールも、まさかの展開に

これ、賛否はあるでしょうが・・・私は正直、ゾッとしました。

何がって、目立つ表向きの顔ではねぎらい、寂しいと言いながら、縦読みのメッセージでは相手に対し「アンタの負けだよー」と上からせせら笑うかのような底意地の悪さ。

例えが変かもしれないけど、嫌がらせを受けてるいじめられっ子をかばって、「誰よ!こーゆーことするのやめなさいよ!」って叫ぶクラスメイトの子が実は陰で画びょう仕込んでました、みたいな・・・つまり、どす黒い裏の顔を見せられたような不快感というか。

私はブラックユーモアは好きですが、この縦読みポスターはブラックユーモアとは呼べないと思うし、センスも感じない。(そういえば同社は以前、ベトナム風バーガーを巨大箸でこっけいに食べるCMを猛批判されて、削除する騒ぎもありましたね。アジア人や文化を差別・揶揄してるということで)

そして、縦読みが見つかって話題になることで広告効果を狙った面もあるのかもしれませんが、企業イメージ戦略としても、はなはだ疑問。

大体、マクドナルドとバーガーキングの店はここだけじゃないし、店舗数で圧倒的に負けているのは、バーガーキングのほう。

ごく限定的なエリアにおいて、撤退するマクドナルドに対して「私たちの勝チ」なんて、子供のアッカンベーみたいな幼稚なことやってる場合じゃないでしょ。

バーガーキングは、2019年には日本国内で展開している99店舗の中22店舗を閉店することになり、茨城県、京都府の店舗は全店閉店とか。

そんな状況で、よくあんな隠れメッセージ打てたなあ。

ショボい優越感なんぞ振りかざさず、きちんと感謝とエールのメッセージを掲げるほうが、よっぽど企業イメージが上がるでしょ。それなのに、一度上がった好感度が、あの縦読みを知った瞬間「怖っ!!」と感じる不快感といったら・・・。

それに、あんな小細工のせいでマクドナルドファンから「バーガーキング、絶対行かねーわ」と反感を持たれてアンチが増えたら、なんの得にもならないじゃない?

敗れ去る者に追い打ちをかける人は、応援されなくなると思うよ。

現に、特にマックファンという訳でもない私ですら、このバーガーキングの所業が気持ち悪くて、こういう侮辱メッセージを仕込むような社風の店には行きたくないなーと思ったくらいですから。

とはいえ、私の居住県にマクドナルドはあってもバーガーキングは無いんですよ。なので、あえて避けようとしなくても、残念ながら行く機会がないという・・・。

まあ、つまりは・・・そういうことですねぇ。

 ニュースの教訓:
 自己中な裏メッセージを仕込むと結局
 仕込んだ本人がダメージ受けるよ

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする