スポンサーリンク

「まさかの、右手首骨折」①~ケガはある朝突然に

完全に私事ですが、先日しょーもないことが原因で右手首を骨折してしまいました。

高い棚の上を整理するため、近くにあった椅子の上に立って作業していたところ、椅子の脚が突然ガクッと倒れたのです。

脚が3本という造りの、上に立ったりするべきではない椅子だったのですが、ちょっとなら平気だろうと甘くみたのがいけなかった。しっかりした踏み台や脚立を用意せずに済まそうとした、ささいな横着さが大怪我につながってしまったんですね。

それはもう一瞬の出来事で、体勢を変えることなど全くできないまま身体が床に叩きつけられました。

何というか、だるま落としのごとく瞬間的に足をすくわれた感じ。転落しても、何が起きたのかすぐにはわかりませんでした。

数秒後ようやく「落ちたんだ・・・」と理解したものの、右手がおかしい。痛いというより力が入らず、左手で支えないと動かせない。

「いててて・・」とこらえながらベッドでしばらく横になっていても、良くなるどころか更に痛くなってくる。

「これヤバイやつかも・・・車で医者に乗せて行って」と夫に訴えたところ、出血してるわけでもないのでイマイチ深刻さが伝わらず、「え~大げさだなー」と面倒くさがって渋る始末。

でも、「いや、これ医者行かないと無理だって」と強引に医者へ。

痛みを我慢しながら1時間半待たされ、やっと診察室に呼ばれて入ったところ、右手の袖もまくらないうちに先生から

「あー、そのままで。間違いなく折れてるから。もう腫れちゃってるし」

と驚愕の言葉が!

レントゲン撮ったら、折れてる他に、骨の一部が7つくらいに割れているという「粉砕骨折」。

横でバツの悪い顔をする旦那。

「だーかーらー痛いって言っただろが!! こちとら骨が砕けてんだよ!!」

と旦那に向かって叫びたいのを、先生の手前こらえる私。

「もっと詳しく調べないと何とも言えないけど、手術になる可能性高いから、大きい病院に紹介しますねー」

と先生に言われ、紹介状とレントゲンデータを持って近くの総合病院へ。

そこでさらにCTなどの検査をし、何とか固定で(手術なしで)いけそうということだったため、ギブスでの固定治療をすることになりました。

物心ついてからケガらしいケガをした経験がないせいもあって、ギブスといったらあの「石膏みたいなもので固める」のだとばかり思っていたのですが、それは過去のものらしく、ナイロンテープみたいなものを巻くだけだったのにはちょっとびっくり。

巻いたテープに含まれる成分が、何らかの化学反応によって短時間でカチカチに固まるんですよ!

わずか数分でいわゆる「カッチカチやぞ!!」状態。
振り下ろせばもう、なんなら釘でも打てそう。

おそらく昔のギブスに比べると簡易な上に、だいぶ軽量化されていると思われ、知らなかっただけとはいえ医療用品の進歩を思わぬところで実感することに。

しかし、骨が折れていると腕本体の重量も支えられない状態なので、いくら軽量化されているとはいえ、ギブスがまるでトレーニング用のウェイトを付けているがごとく重く感じる・・・。

白い三角巾で首から腕を吊るし、誰が見ても「絶賛骨折中でござる」感丸出しの、ベタな姿での生活が始まりました。

しかし、これがですね。右手が使えない不便さを痛感する連続の始まりとなったのです。

その内容は次の記事に続きます。

※こういうのだと首に重量が集中しないので、だいぶ楽そう。欲しい。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする